ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集カーエアコン用CO2空調システムの開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
カーエアコン用CO2空調システムの開発

Development of Automobile Air Conditioning System Using CO2 as Working Fluid

吉岡明紀・三浦茂樹・水上春信・谷口雅巳・竹内真実

Akinori Yoshioka, Shigeki Miura, Harunobu Mizukami, Masami Taniguchi, Makoto Takeuchi
地球温暖化防止のため,現在カーエアコンに使用されている冷媒HFC134aも規制対象となりつつある.このHFC134aに替る冷媒として自然冷媒であるCO2が注目されている.本研究は超臨界冷凍サイクルとなるCO2冷媒を用いるカーエアコン用空調システムにおいて,エバポレータ,ガスクーラ,インタクーラ等の熱交換器及び圧縮機の高効率化並びにCOP(Coefficient of Performance)を最大とする高圧制御法を開発した.これらのコンポーネントを組合せてシステム評価を行った結果,目標であるHFC134aシステムと同等以上のCOPを達成した.

To help prevent global warming, the refrigerant HFC134a currently used in automobile air-conditioners has been slated for eventual elimination. CO2, a natural refrigerant, has attracted attention as an alternative. We developed high-pressure control to improve evaporator, gas-cooler, intercooler, and compressor efficiency and to maximize COP (Coefficient Of Performance) in automobile airconditioning using a supercritical refrigeration cycle with CO2 as the refrigerant. An evaluation of the system verified that these improved components provide equal or better COP than systems using HFC134a.