ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集三次元気流解析による新天井埋込形パッケージエアコンの風路設計

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
三次元気流解析による新天井埋込形パッケージエアコンの風路設計

Air-Flow Path Design in 3-Dimensional Air-Flow Analysis for Recessed-Ceiling Type Packaged Air-Conditioning

竹内伸行・小林隆之・松田憲児・清水 建

Nobuyuki Takeuchi, Takayuki Kobayashi, Kenji Matsuda, Ken Shimizu
天井埋込形パッケージエアコンはユニット外形高さの低いことが商品性のポイントである.また,組立を容易にするために部品点数の削減を行った.本開発では天井埋込形二方向吹きパッケージエアコン(当社型式名:FDTW)に従来の構造とは全く異なるターボファンを採用した外形高さの低いコンパクト構造とした.このコンパクト構造を成立させるため,圧力損失が小さくなる三次元的な風路設計を行った.その結果,高さが従来機比26%減で業界一の薄型とすることができ,部品点数も約50%削減し商品化することができた.

Recessed-ceiling packaged air-conditioner marketability has been low due to unit dimensions. To make a matter easy construction, it is necessary to reduce the number of parts. We applied a turbo fan with a compact structure completely different from the current type to recessed-ceiling with 2 discharge directions. To make a compact structure, we designed a 3-dimensional air-flow path for reduction pressure loss. The results was the market's slimmest unit in the market-26% lower in height than the current unit and with parts reduced by about 50%. We commercialized the unit.