ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集家庭用蓄熱式空調給湯器の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
家庭用蓄熱式空調給湯器の開発

Development of Ice Storage Room Air Conditioner with Hot Water Supply Using Alternative Refrigerant System

高瀬和茂・佐々倉正彦・岩城弘和・前野政司

Kazushige Takase, Masahiko Sasakura, Hirokazu Iwaki, Masashi Maeno
氷蓄熱式空調機器は,夜間電力を利用するため,電力ピーク負荷を低減し平準化するのに有効な手段として普及しつつある.当社は,九州電力(株)と共同で従来の氷蓄熱に加え,代替冷媒(HFC134a)を用いた給湯用温水供給も可能な家庭用蓄熱式空調給湯器の開発を行った.本システムでは,夜間電力利用の氷蓄熱及び温水の昇温は夏期は冷房や製氷運転の排熱を利用し,他の期間はヒートポンプで行うことで効率向上と電力負荷平準化の両立をねらった.

Ice-storage air conditioners are widely used to narrow the gap between on- and off-peak electricity demand and to effectively reduce electricity demand and electricity charges. We developed an ice-storage air conditioner with hot water supply using an alternative refrigerant, HFC 134a. The system supplies hot water by using heat otherwise discharged into the atmosphere in summer and uses a heat pump to supply hot water in other seasons.