ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集非接触翼振動計測システムBVSの開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
非接触翼振動計測システムBVSの開発

Development of Noncontact Blade Vibration Measuring System

柴田昌明・満山慶明・福田寿士

Masaaki Shibata, Yoshiaki Mitsuyama, Hisashi Fukuda
回転中のタービンブレード各翼の振動を非接触で計測する新しい計測装置を開発した.静止側に取付けた複数の電磁式センサによりブレードの通過タイミングを計測し,この信号に基づいて同一列すべての翼の振動をディジタル演算により求めるもので,キャンベル線図,ボード線図,振動モードなどの解析が可能である.従来のひずみゲージを用いた計測方法に比べ,ロータ側の加工が一切不要であり計測準備が容易であること,同時にすべての翼の振動計測が可能であることなどの特徴がある.現在工場内で稼働し,出荷するロータの高品質な信頼性の確保に寄与している.

Noncontact measurement to determine vibratory properties in rotating turbine blades was developed. Electromagnetic sensors at the stationary side measure turbine blade pass times. This system determines vibration in all blades in the same row using signal processing with Campbell diagrams. The new vibration measurement has advantages over conventional strain gage use, e. g., eliminating all work on rotors and simplifying simultaneous vibration measurement at all blades. This system is now operating at our manufacturing shop to verify high quality and reliability of turbine rotors shipped from our plant.