ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第37巻 第2号 冷熱特集LNG受入基地におけるタンク運用管理最適化手法の開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
LNG受入基地におけるタンク運用管理最適化手法の開発

Development of Optimum Tank Operation System for LNG Receiving Terminal

朝川春馬・河野 進・竹下和子・新家利彦・長谷川辰也

Haruma Asakawa, Susumu Kouno, Kazuko Takeshita, Toshihiko Niinomi, Tatuya Hasegawa
日本海エル・エヌ・ジー(株)新潟受入基地では液化天然ガス(以下,LNGと称す)を海外からLNG船で輸送し受入れた後気化させ,都市ガスや発電所用燃料ガスとして供給している.LNG船からLNGを受入れ,需要に応じて払出しをするLNG貯蔵タンクを効率良く運用するために最適化手法を適用し,適正なレベルに管理しつつ運転コストを削減する手法を開発した.解法として動的計画法を採用し,最適問題を3回に分けて解く工夫により,計算時間を大幅に削減でき,実用的な計算時間に収めることができた.本手法により長期の運用予想が可能となり,運転員へのガイダンスや運用計画に利用されている.

We developed optimization providing efficient tank operation guidance on LNG receiving from cargo ships and on discharge consumption demand for LNG storage tanks at the Nihonkai LNG Co., Ltd., Niigata Receiving Terminal. The storage tank level has been suitably maintained and operation cost cut. Dynamic programming (DP) is applied to solve the optimization problem in 3 steps, greatly reducing calculation time. This system enables us to estimate long-term scheduling and is used for operator guidance and operations planning.