ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集紙コータにおけるウエット-オン-ウエット塗工法の開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
紙コータにおけるウエット-オン-ウエット塗工法の開発

Development of Wet‐on‐Wet Coating Method for Paper Coating

江口 晃・若年弘人・杉原正浩・山本光雄・小土井康久

Akira Eguchi, Hiroto Jakunen, Masahiro Sugihara, Mitsuo Yamamoto, Yasuhisa Kodoi
高品質コート紙を製造する片面2回塗工法の設備・運転コストを低減する新塗工法 として,未乾燥状態のアンダコート層上に直接トップコートを施すウエット‐オン ‐ウエット塗工法を開発した。本開発では,アンダコート時にコート液を紙に強く 浸透させトップコート時には浸透を抑える塗工方式を採用することにより,塗工速 度1200m/minで各層個別に乾燥させる従来の2回塗工法と同等のコート紙 が得られることを見いだし,さらに両コートを施す適正な時間間隔を把握した。こ れにより,乾燥設備長の10%短縮とオペレータ人員の削減が実現できることを確 認した。 (著者抄録)

The Wet-on-Wet double coating method for paper coating, in which the top coating layer is coated on the wet undercoating layer, has been developed. In this development, coating devices for each layer and the interval between under- and top-coating have been optimized. These optimizations enable two coater heads on one backup roll. Wet-on- Wet coating paper, which has employed the results of this research in its coating, shows qualities equal to those of conventional Wet-on-Dry coating paper. It has also been verified that this Wet-on-Wet method has reduced not only coater machine size but also its running costs.