ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集オフセット印刷におけるインキ・水の混合と転移挙動

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
オフセット印刷におけるインキ・水の混合と転移挙動

Ink/Water Emulsification and Transfer on Offset Printing

岩木 貫・谷口 邁・高坂昭良・田淵 充・杉原一雄

Touru Iwaki, Susumu Taniguchi, Akira Kousaka, Mitsuru Tabuchi, Kazuo Sugihara
オフセット印刷機では,印刷品質向上のために機上のインキ及び湿し水の流れを最 適にする必要がある。そのために,近年のオフセット印刷機のローラ配列は,イン キ転移挙動シミュレーションに基づいて設計されている。しかし,ローラ群中にお けるインキと湿し水の挙動については不明な点が多く,特に湿し水の影響を考慮に 入れたインキ転移シミュレーションの適用は困難であった。本研究ではローラ間に おけるインキと湿し水の混合と転移挙動の現象を把握し,モデル化することによっ て,湿し水の影響を考慮できるシミュレーションを開発した。このシミュレーショ ンは,マルチモードダンプナの設計等に実用化され,印刷品質の向上に成果を上げ ている。 (著者抄録)

Recently there has been more and more emphasis on the importance of printing quality. As it is evident that the arrangement of inking and dampening rollers has a major influence on printing quality, the effective arrangement of inking and dampening rollers is needed. This is why we have been developing a computational simulator for roller arrangement. To attain this purpose, it is necessary to understand the ink and fountain solution behavior in a printing press. But this is very complex because the ink/fountain solution in a printing press co-exists in the form of W/O emulsion. In this paper, we characterized ink/fountain solution emulsification and transfer by using experimental methods, then the model was applied to the simulator. The simulation accuracy was verified by a full-scale printing test.