ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集硫酸プラント用新耐食ステンレス鋼の開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
硫酸プラント用新耐食ステンレス鋼の開発

Development of New Corrosion Resistant Stainless Steel for Sulphuric Acid Plant

江原隆一郎・山田義和・中村 誠・長野 肇・平井龍至

Ryuichiro Ebara, Yoshikazu Yamada, Makoto Nakamura, Hajime Nagano, Tatsushi Hirai
大型硫酸プラント機器の小型化,軽量化及び熱回収システムの実現を図るために, 高温(~473K),高濃度(98~100%)硫酸に耐え得る新耐食鋼としてP d添加高Siステンレス鋼(6.5%Si‐0.01%Pd)の開発に成功した。 本研究では,新耐食鋼の耐食性に及ぼすPdとSiの影響を明らかにした。また, 同鋼はSiを6.5%含有するにもかかわらず,適正なソーキングにより圧延によ る製造が可能である。さらの適正量のδ‐フェライトの導入により,溶接部の延性 劣化を防止し,TIG溶接により延性の十分な溶接継手を得ることができる。 ( 著者抄録)

We have successfully developed new corrosion resistant stainless steel with 6 5% silicon and 0 01% palladium for use with high-temperature sulphuric acid with more than 98 mass% at high temperatures up to 473 K in order to get a lighter and smaller structure and realize a heat recovery system. In this study, we have clarified the effects of the palladium and silicon content on the corrosion resistance of the newly developed steel This steel can be easily produced by mill rolling to give an adjustable soaking treatment even when containing more than 6 5% silicon. The ductility of welded joints can be maintained by introducing an adjustable ferrite into the microstructure and the welded joint so that sufficient ductility can be provided by TIG welding.