ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集ドラム式ストリップキャスタの開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
ドラム式ストリップキャスタの開発

Development of Twin‐Drum Strip Caster

柳 謙一・山本恵一・佐々木邦政・竹内英磨・中島啓之

Ken-ichi Yanagi, Keiichi Yamamoto, Kunimasa Sasaki, Hidemaro Takeuchi, Hiroyuki Nakashima
次世代の連続鋳造法として注目されているストリップキャスティングプロセスの開 発が世界的に活発になっている。三菱重工業(株)は新日本製鉄(株)と共同で1 985年よりオーステナイト系ステンレス鋼を対象とした双ドラム式ストリップキ ャスタの開発を進めてきたが,1993年に成功裏に開発を完了した。800mm 及び1330m幅のストリップキャスタを用いた10t規模の実証試験により,安 定鋳造技術を確立するとともに,良好な品質を有する鋳片の鋳造が可能となった。 また,ストリップキャスタで鋳造した鋳片を直接冷延した製品の機械的性質及び耐 食性は,従来プロセス製品と同等もしくはより良好であることを確認した。 (著 者抄録)

The strip casting process has attracted much attention as a new continuous casting method. Since 1985, Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. And Nippon Steel Corporation have jointly developed a twin-drum strip caster for austenitic stainless steel and successfully completed it in 1993. Ten tons casting tests of the 800 mm and 1 300 mm wide prototype twin-drum strip caster have been conducted and have made it possible to establish stable casting technology and to confirm the high quality of cast strips. Moreover it was confirmed that the mechanical properties and the corrosion resistance of twin-drum cast products are equivalent or superior to conventional products.