ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集大容量鉛ダンパの特性とそのシミュレーションに関する研究-PWRプラントの重機器への制振装置の適用に当たって-

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
大容量鉛ダンパの特性とそのシミュレーションに関する研究-PWRプラントの重機器への制振装置の適用に当たって-

Characteristics of Large Capacity Lead Extrusion Damper and Its Analytical Model

藤田勝久・布山裕之・小久保映治・市橋一郎・小江秀保

Katsuhisa Fujita, Hiroyuki Fuyama, Eiji Kokubo, Ichiro Ichihashi, Hideyasu Ogo
PWR原子炉冷却ループの現行の耐震設計は,剛設計思想で行っており,大型のリ ジッドサポートや多数のスナッバが耐震サポートとして用いられている。最近,鉛 ダンパ(LED)をはじめとして,種々の型の代替サポートが提案された。本研究 では,大容量鉛ダンパで支持された蒸気発生器の応答解析法を開発するとともに, 実験的及び解析的アプローチから,PWR原子炉冷却ループ系重機器への大容量鉛 ダンパ適用のフィージビリティを確認した。この論文は,PWR原子炉冷却ループ 系重機器用の大容量鉛ダンパの実験的かつ解析的研究をまとめたものである。 ( 著者抄録)

At present, the components in the primary loops of PWR plants are designed to behave in a very rigid manner during an earthquake. Large rigid supports and many snubbers are employed as seismic supports. Recently, many types of the alternative support have been proposed including the lead extrusion damper (LED). In this study, an analytical method is developed to obtain the response of the steam generator supported by the large capacity LEDs. We also confirmed the applicability of the large capacity LEDs to the heavy components in the primary loops of PWR plants. This paper describes the experiments and analysis of the large scale LEDs to be applied to the heavy components in the primary loops of PWR plants.