ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集セミモノコック構造美観煙突の開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
セミモノコック構造美観煙突の開発

Development of Mitsubishi Scenery‐ Matching Stack System

近藤 浩・村瀬良秀・阿比留久徳・本田明弘・斎藤千啓

Hiroshi Kondo, Yoshihide Murase, Hisanori Abiru, Akihiro Honda, Chiaki Saito
最近,特に都市近郊の発電所に対して,環境調和の観点から美観重視の傾向が強ま っている。このような背景から,内筒を支持する外筒に意匠的要素を持たせた美観 煙突を開発した。この美観煙突の外筒は,薄い鋼板パネルと柱,リング部材から構 成された,いわゆるセミモノコック構造である。短期荷重に対してはパネルの弾性 座屈を許容し,座屈後耐力を活用している。また,内筒と外筒の間にばねとオイル ダンパを設置し,制振構造としたことも特徴の一つである。このような特徴を有す る構造を採用することにより,外観的に優れるだけでなく,軽量かつ耐震・耐風性 の良好な煙突とすることができた。 (著者抄録)

Recently, there is request for power plants in urban areas to have a scenery-matching appearance. In consideration of this request, we have developed the Mitsubishi Scenery-Matching Stack System with an outer shell. This stack system has semi-monocoque structure consisting of thin steel panels, columns and ring members. Characteristics of this system are follows. (1) For short period loads, this semi-monocoque structure allows elastic buckling of panels and uses strength after buckling. (2) For wind and earthquakes, we have adopted a vibration prevention structure consisting of springs and dampers located between outer shell and the smoke outlet. With the adoption of these structures, the Mitsubishi Scenery-Matching Stack System not only has scenery-matching appearance but light weight and high stability against wind and earthquakes.