ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集高層ビル用制振装置の開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
高層ビル用制振装置の開発

Development on Tuned Active Damper for Skyscrapers

阿比留久徳・原田秀秋・尾木靖夫・山崎真司・溜 正俊

Hisanori Abiru, Hideaki Harada, Yasuo Ogi, Shinji Yamazaki, Masatoshi Tamari
最近の高層ビルでは,地震や風による建物の揺れを抑え居住性の向上やインテリジ ェント設備の保護などを狙いとした制振装置の開発が盛んである。本研究では,高 層ビル用の制振装置として,多段振り子を利用したチューンドマスダンパに,制御 ・駆動系を付加して性能アップを図ったチューンドアクティブダンパを開発した。 またこの制振装置を国内最高の高さの横浜ランドマークタワーなどに実用し,実建 物の振動試験や強風時の振動観測によって,建物の減衰定数を10%以上にでき, 強風時の揺れを40%程度に低減できることを確認した。またこの制振性能は,理 論どおりのものであることを検証した。 (著者抄録)

Recently many types of structure controlling device for wind and earthquake disturbances have been developed for the purpose of improving the residential habitability. The authors developed the Tuned Active Damper (TAD) consisting of multi-stage-pendulum type Tuned Mass Damper (TMD) and controlled-driving device that drives the TMD's mass more effectively. This TAD was applied to the Yokohama Landmark Tower that is the tallest building in Japan, and moreover the vibration test and actual wind response observations were carried out. As a result of these tests and observations, it was confirmed that (1) TAD improves the equivalent structural damping factor to more than 10% in terms of the damping constant. (2) TAD reduces the structural vibrations in a strong wind to less than 40% of the case without control. (3) The performance of TAD is the same as that expected according to theory.