ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集蒸気発生器取替え工事における技術開発と適用

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
蒸気発生器取替え工事における技術開発と適用

Technology for PWR Plant Technical Development and Its Application on Steam Generator Replacement

森田正彦・半澤克巳・佐藤 始・神野藤保夫

Sadahiko Morita, Katsumi Hanzawa, Hajime Sato, Yasuo Kannoto
我が国の加圧水型原子力発電プラントで初期に運開した8基のプラントについては ,社会的信頼性,経済性及び保守性の観点から新型の蒸気発生器に取替えられるこ ととなった。蒸気発生器の取替えには,放射線管理区域内の狭あいなスペースでの 作業となることから,蒸気発生器を安全にハンドリングするための工法,原子炉冷 却材管の低応力復旧工法,そして,放射線業務従事者が受ける放射線量低減のため の遠隔操作による配管溶接装置等が開発適用された。それらの技術は十分なる検証 及びトレーニングを実施した後,取替え工事に適用され,また今後計画されている プラントにも適用され,原子力プラントの信頼性向上に寄与するものと考える。 (著者抄録)

Twenty two PWR nuclear power plants are now under commercial operation in Japan. Eight of these plants are scheduled to have their steam generators replaced by up-graded units as a social responsibility for improved reliability, economy and easier maintenance. To carry out steam generator replacement, main coolant pipe cutting and restoration techniques, remote controlled welding machines and other remote controlled equipment, templating techniques with which the new steam generator primary nozzles will fit the existing primary pipes correctly were developed. An adequate training program was carried out to establish these techniques and they were then applied in replacement work on site. The steam generators of the three plants were replaced completely in 1994. These newly developed techniques are to be applied in upcoming plants and replaced plants will be much reliable.