ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集原子炉系水質管理による放射線量の低減

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
原子炉系水質管理による放射線量の低減

Technology for PWR Plant Primary Water Chemistry Control for Radiation Source Reduction

大島茂男・横山二郎・笠原和男

Shigeo Ohshima, Jiro Yokoyama, Kazuo Kasahara
原子力発電プラントで放射線業務従事者が受ける放射線の量の低減は原子力発電を 発展させる上で重要な課題になっている。その対策の一つとして放射線源(Co‐ 58,Co‐60等)量の低減があり,その生成抑制と除去促進を目的に試運転時 ,運転,停止時の原子炉系水質管理法の改良を研究し,適用を図ってきた。国内の 加圧水型原子力発電プラントの蒸気発生器水室の線量当量率を見ると,運開後3~ 4年までは増加するが,それ以降は全体的に見て年ごとに低下しており,従来の認 識とは異なった結果を示していることが分かった。この低減には原子炉系水質管理 改良が大きく寄与したと考えられる。 (著者抄録)

Radiation exposure reduction at power plants has been an important subject into development of the nuclear power industry. As one of the measures to reduce the radiation source, several improvements of reactor coolant chemistry control have been studied and applied to many plants. These improvements are considered to be playing a role to reduce both radiation sources and their parent elements, from the declining trend of the radiation dose rate in SG channel heads which is typical data showing the radiation source intensity.