ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集52インチ低圧タービン翼の開発と運転実績

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
52インチ低圧タービン翼の開発と運転実績

Technology for PWR Plant Development of 52‐Inch Blade and Operating Experience

山本哲也・間瀬正隆・田代 光・大山宏治・桃尾孝史

Tetsuya Yamamoto, Masataka Mase, Hikaru Tashiro, Hiroharu Oyama, Takashi Momoo
三菱重工業(株)では世界最大級の低圧タービン最終段翼である52インチ翼(1 320nm翼)の開発を完了し,実機に適用した。52インチ翼は最近の原子力発 電プラントのすう勢に対応し,1300~1500MWタービン(TC6F‐52 )に最適な低圧最終翼として開発されたものであり,これまで国内で実用化されて いる最大の44インチ翼に比べ約30%大きい排気面積を持っている。本翼は広範 な開発設計,実物大回転振動試験,及びスケールモデルによる実負荷試験により開 発を終了,その性能,信頼性を確認し,52インチ翼としては国内で初めて四国電 力(株)伊方3号機890MW原子力タービンに適用された。本機は1994年3 月に初通気し,順調な試運転,試験の後,1994年12月に営業運転を開始した 。 (著者抄録)

Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Has recently completed the development of 52-inch low pressure end blade. This blade has the largest exhaust annulus area among last stage blades. Low pressure turbines provided with this blade can be used in nuclear power plants of the 1300-1500 MW class. The development of the 52-inch blade was carried out on the basis of Mitsubishi's rich experience and the most up-to-date technology. After a number of tests including rotational vibration tests and model turbine tests under actual load operation, the 52-inch low pressure end blade was proved to have the high performance and reliability expected and was used in the Shikoku Electric Power Co. IKATA Nuclear Power Station Unit No.3 890 MW (TC4F-52). The IKATA Unit No.3 began trial operation on March, 1994, and has been in commercial operation since December, 1994. This paper reports on the up-to-date technology applied for the development of the 52-inch low pressure end blade and on the verification tests that ensure the high efficiency and reliability of the blade.