ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集原子炉格納容器内の水素濃度分布及び燃焼解析法の開発と検証

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
原子炉格納容器内の水素濃度分布及び燃焼解析法の開発と検証

Development and Validation of Analytical Approach of Hydrogen Mixing, Distribution and Combustion in Nuclear Reactor Containment

緒方潤司・藤本哲郎・万代重実・鵜飼 修

Junji Ogata, Tetsuro Fujimoto, Shigemi Mandai, Osamu Ukai
原子炉格納容器の健全性評価の一つのアイテムとして,水素発生時の格納容器内の 局所的な濃度分布や燃焼による圧力上昇などを評価する手法の確立が必要となって いる。当社では,水素を含む多成分ガスの過渡的な熱流動や拡散及び燃焼を解析し ,水蒸気の影響や格納容器スプレーなどの安全システムの影響も評価できる解析コ ードMAPHY‐BURNを開発した。さらに,このコード使用して,(財)原子 力発電技術機構の委託により実施した大規模かつ多区画の模擬格納容器内の水素混 合実験や燃焼実験など,幾つかの内外の実験の解析を行い,コードの妥当性を確認 し,かつ実機の安全性評価コードとしての信頼性を高めることができた。 (著者 抄録)

It is one of the key issues for nuclear safety to evaluate hydrogen hehavior in nuclear plants. A transient lumped-parameter code named MAPHY-BURN has been developed in order to evaluate not only hydrogen mixing and distribution, but also combustion in a containment vessel under the condition of steam blowdown and containment spray actuation. Several large-scale hydrogen mixing and distribution tests and combustion tests with multi-compartments such as NUPEC tests have been analyzed. The MAPHY-BURN analyses were in good agreement with these test results, which shows that MAPHY-BURN has a high reliability for safety analyses of hydrogen problems in nuclear plants.