ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集加圧水型原子力プラント計測制御技術の改良と保全の高度化

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
加圧水型原子力プラント計測制御技術の改良と保全の高度化

Technical Improvement and Maintainability Upgrade of PWR Instrumentation and Control Systems

高嶋 誠・斉藤 実・西村幸高

Makoto Takashima, Minoru Saito, Yukitaka Nishimura
最近の加圧水型原子力プラント(PWR)の計測制御設備においては信頼性・運転 性・保守性等の向上の観点から順次ディジタル制御システムを導入しており,改良 型PWR(APWR)では,原子炉の安全にかかわる安全系システムを含めた全計 測制御システムのディジタル化を計画している。実機適用に当たって,信頼性,運 転性等の向上はもちろんのこと,さらにディジタル化のメリットを生かして保守方 法の最適化により簡素で保修員の負担軽減を可能とするバラントのとれたシステム を目指し,客先ニーズも取り入れて総合ディジタル化システムの保全の高度化研究 を実施した。その結果,運転中の最新プラントに比べ主要設備の保守作業量が約2 割削減できるとの評価が得られ,かつ信頼性向上及び物量削減が図れる計測制御シ ステムが構築できた。今後,実機適用を順次図っていくこととなる。 (著者抄録 )

The digital control technology has been applied step by step to the recent PWR instrumentation and control (I & C) systems, and also it is planned to apply it to all the I & C systems, including the safety grade systems related to the reactor safety for the Advanced PWR plant. The integrated digital I & C systems have also been updated to enhance the maintenance capabilities of the systems, to optimize maintenance activities and reduce workloads of maintenance personnel. As a result, the integrated digital I & C systems have been established which can be applied to the actual plants, and which can contribute to the enhancement of reliability, hardware reductions and maintenance workload reduction of about 20% in comparison with the latest plants.