ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第3号 原子力特集玄海3号機試運転実績

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
玄海3号機試運転実績

PWR Plant Plant Start‐Up Test Results of Genkai Nuclear Power Plant Unit No3

藤渕英王・島津洋一郎・横山輝邦・丸山常裕

Hideo Fujibuchi, Youichirou Shimazu, Terukuni Yokoyama, Tsunehiro Maruyama
九州電力(株)玄海3号機は,三菱加圧水型原子力発電プラント(PWR)の我が 国21基目として,平成6年3月に営業運転を開始した。同機は第三世代のPWR プラントとして,最新技術を随所に折込み,安全性・信頼性の向上,運転・保守面 での改善を図った最新鋭の118万kWのPWRプラントである。PWRプラント は,自己制御性というプラントの安全性,安定性に対して優れた特性を持っている が,本報では炉心特性,プラントの制御性・動特性等のPWRプラント総合機能を ,最新4ループプラントである玄海3号機の試運転実績を通して報告する。 (著 者抄録)

Unit No.3 of the Kyushu Electric Power Company's Genkai Nuclear Power Plant went into commercial operation in March in 1994. This plant is the 21 st Mitsubishi PWR power plant and it is a 1180 Mwe 4-loop PWR. The plant safety, reliability, operability and maitainability have been improved by applying the latest technology as a third generation PWR plant. Basicaly, a PWR plant has excellent self-stabilizing reactor characteristic which are important for plant safety and operation. We confirmed the over-all plant functions such as plant control, dynamic characterisics and efficiency in the plant start-up tests of the Genkai Nuclear Power Plant. This paper describes the plant start-up test results of the Genkai Unit No.3.