ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME総合研究所 長崎地区概要

概要

総合研究所 長崎地区は、1904(明治37)年以来の長い歴史と伝統をもっており、主として、エネルギ・環境と陸・海・空物流問題を解決する総合研究所として、材料、化学、強度、振動、燃焼、伝熱、流体、トライボロジ、制御などの基礎技術をベースに、高速計算機を用いた大規模シミュレーションと大型実験設備を用いた実験とを融合させ製品の開発、改良に取り組んでいます。
最近では、深堀(本館)・浦上・水の浦の3地区を拠点に、石炭ガス化複合発電(IGCC)、バイオマス、風力発電、リチウム二次電池、固体酸化物形燃料電池(SOFC)、省エネ船舶、ディーゼル・ガスエンジン、ターボチャージャ、航空機、H-IIロケットなど多岐にわたるグローバル製品の開発を行っています。

ページのトップへ戻る