ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

放射線科

特色

三菱神戸病院では現在、一般撮影(CR)、CT(64列マルチスライス)、MRI(3.0テスラ)、X線透視装置、血管造影装置、乳房撮影装置などの診断装置が稼動しています。三菱神戸病院放射線科医の主な業務は画像診断業務、および画像下治療(IVR)です。

当科でできる主なIVR診療内容

  • 肝臓を中心とした経カテーテル的動脈塞栓術
  • 動注化学療法のための皮下埋め込み式リザーバー留置
  • 血管拡張術およびステント留置→閉塞性動脈硬化症、透析シャント不全腎動脈狭窄による高血圧症など
  • 深部静脈血栓症に対する下大静脈フィルター留置
  • 中心静脈ポート留置→外来化学療法や在宅での点滴管理など
  • CTガイド下穿刺→肺生検、ドレナージなど

画像診断(CT、MRI等)のご依頼は地域医療連携室を介して適宜受付しております。臓器疾患のみならず、CTやMRIを用いた冠動脈、腎動脈、下肢動脈等の血管系、MRCPによる胆管、膵管系などの診断も行っています。

スタッフ紹介

常勤医師

写真:藤田 善弘 放射線科担当部長
藤田 善弘
放射線科担当部長

日本医学放射線学会診断専門医
マンモグラフィ読影認定医

検査予定表

検査についてのお問い合わせは各連絡先までお願いします。

地域医療連携室 電話 078-652-8271 FAX 078-652-8275

診療予定表