ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

看護部長挨拶

三菱神戸病院看護科は、地域住民や社員、家族の皆様に「この病院に来て良かった」と思っていただける看護を実践するよう、そして、共に働く医師や他職種から信頼を得られるように常に知識と技術の向上に努めています。
看護科のモットーは「人を大切にする」ことです。教育に関しては、新人看護職員研修制度ガイドラインに沿った研修に取り組んでいます。研修では講義後の演習、部署での実践やOJTを通じて、「わかる」「できる」「振り返る」のステップを積み上げられるよう、みんなで支援しています。また、継続教育の視点では、2014年よりジェネラリストクリニカルラダーを導入し、看護師が期待される成果をめざし、主体的に段階を追った成長・発達ができるよう育成の体制を作っています。
三菱重工の社員として教育や福利厚生を受け、働き続けられる労働環境を作るために、他職種との連携や、所属部署の垣根をこえた看護科全体での支援体制づくりにも取り組んでいます。
看護師一人ひとりの経験を活かし、温かい心の通ったケアが患者さまの手元に届くようつとめています。

写真:看護部長 西海 英子

看護部長西海 英子

看護科理念

患者様・ご家族の尊厳を守り、共に幸福感が得られる看護を提供する

看護基本方針

  • 私たちは、患者様・ご家族の思いを尊重し、安全で根拠に基づいた質の高い看護を提供し信頼を築きます。
  • 私たちは、社会のニーズ・医療技術の進化を的確に捉え、地域住民の個々の健康レベルに応じた看護を提供し社会に貢献します。
  • 私たちは、企業病院の看護師として、社員の健康保持・増進を支援します。
  • 私たちは、コミュニケーションの重要性や役割を認識し、チーム医療の担い手として協働します。
  • 私たちは、節度ある社会人として、また人間性豊かな看護専門職として、必要な知識・技術・教養を高めるよう自己研鑽します。