ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

沿革

1905年8月(明治38年) 三菱合資会社神戸三菱造船所(現在の三菱重工業株式会社神戸造船所の前身)創業開始
1907年12月(明治40年) 当社直営の三菱病院(外科、内科、薬局、7病室16床からなる診療所)を開設
1935年6月(昭和10年) 現在地に鉄筋コンクリート地下1階地上3階建(現在の本館)を新築し、市内でも屈指の近代的な病院となる
1945年9月(昭和20年) 三菱関係者に限定していた診療を、戦禍による医療機関の不足から一般市民へ開放する
1961年4月(昭和36年) 鉄筋コンクリート地下1階地上3階建を増築
兵庫県知事より「総合病院」の名称使用が承認される
1980年3月(昭和55年) 総合病院として、手術室、リハビリテーション室等の充実を図るため、鉄筋コンクリート地下1階地上3階建を増築する
1984年8月(昭和59年) 鉄筋コンクリート5階建の南館を増築し、健診センターを開設する
1995年4月(平成7年) 患者様に優しい病院作りを目指し、本館の全面改修工事を実施
1999年8月(平成11年) 南館3階4階病棟を改修し、療養環境の改善を図る
2000年11月(平成12年) 財団法人日本医療機能評価機構から医療機能評価一般病院種別Bの認定を受ける
2006年1月(平成18年) 病院に接する3号館2階に健診センターを設立
2006年4月(平成18年) 南館1階に画像センターを設立
2010年4月(平成22年) 南館1階画像センターを消化器センターと改称
2015年7月(平成27年) 電子カルテシステム導入