ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第57巻 第2号 インダストリー&社会基盤特集低炭素化社会に貢献するごみ焼却施設の基幹的設備改良技術

三菱重工技報
  製品紹介
  和文:Pdf
英文:掲載なし
低炭素化社会に貢献するごみ焼却施設の基幹的設備改良技術

Refurbishment Technologies of Waste Incineration Plant for Low-carbon Society

 近年,国内では,低炭素化社会の実現,ストックマネジメントの観点から,老朽化したごみ焼却施設の省エネ化・延命化を目的とした基幹的設備改良工事が進められている。三菱重工環境・化学エンジニアリング(株)では,“いわき市北部清掃センター”において,CO2排出量削減を目的として,排ガス再循環(EGR:Exhaust Gas Recirculation)と高度安定燃焼制御を組み合わせた最新低空気比燃焼システム(EGR-PLUS®),及び小型発電機を導入した基幹的設備改良工事を実施した。本報では,工事概要及び工事後の運転状況について紹介する。