ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第52巻 第4号 新製品・新技術特集低温熱源を利用したコンパクト高性能排熱回収装置 “HydrocurrentTM Organic Rankine Cycle (ORC) Module 125EJW”

三菱重工技報
  製品紹介
  和文:Pdf
英文:Pdf
低温熱源を利用したコンパクト高性能排熱回収装置 “HydrocurrentTM Organic Rankine Cycle (ORC) Module 125EJW”

HydrocurrentTM Organic Rankine Cycle (ORC) Module 125EJW - Compact and High-Performance Waste Heat Recovery System that Utilizes Low Temperature Heat Source-

 舶用の排熱回収装置は,船舶の燃料消費を削減することを目的に搭載され,結果としてCO2等の汚染物質の排出を削減することができる。今回Calnetix Technologies,LLC(本社は米国カリフォルニア州セリトス,以下Calnetix社)と共同で開発したコンパクト高性能排熱回収装置 “HydrocurrentTM Organic Rankine Cycle (ORC) Module 125EJW” は,従来利用できなかった舶用主機エンジンジャケット冷却水などの低温熱源から排熱を回収し船内で消費する電力に変換することができる。本装置は,陸上向けの排熱回収装置として定評のあったCalnetix社の標準機に,三菱重工舶用機械エンジン(株)(以下,当社)が新たに開発したラジアルタービンを搭載している。既に,日本海事協会(NK),ロイドレジスター(LRS)船級の承認を取得しており,当社の次期戦略製品として市場へ投入した。