ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第52巻 第4号 新製品・新技術特集高効率ガスタービン実現に向けた燃焼・伝熱分野における解析・計測技術

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
高効率ガスタービン実現に向けた燃焼・伝熱分野における解析・計測技術

Simulation and Measurement Technology of Combustion and Heat Transfer for Development of High-efficiency Gas Turbine

水上聡・磯野充典・永井尚教・斉藤圭司郎

Satoshi Mizukami, Mitsunori Isono, Naonori Nagai, Keijiro Saitoh
 当社では現在,地球環境保全及びエネルギーの安定供給に貢献するため,高効率なガスタービン複合発電(GTCC)の開発を進めている。2004 年度から参画した国家プロジェクト“1700℃級超高温ガスタービン要素技術開発”の開発成果を活用し,世界初のタービン入口温度1600℃の高効率機M501J 形を開発し,運転実績を重ねている。現在,次世代GTCC として,タービン入口温度の高温化を指向して東北電力(株)との共同研究を行ったクローズド(次世代)空冷システムなど,空冷式1650℃級ガスタービンの要素技術開発に取り組んでいる。本稿では,次世代GTCCを実現するための,燃焼・伝熱分野における解析・計測技術の開発状況について述べる。