ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第49巻 第4号 三菱重工の総合力特集ユニット型多重共振波力発電装置(高効率発電装置)の開発

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
ユニット型多重共振波力発電装置(高効率発電装置)の開発

Development of Multiple Resonances Unit OWC (Oscillating Water Column) wave Power Device

木原一禎・大澤弘敬・有川太郎・増田光一・瀬戸口俊明・金谷泰邦

Kazuyoshi Kihara, Hiroyuki Oosawa, Taro Arikawa, Koichi Masuda, Toshiaki Setoguchi, Yasukuni Kanaya
 日本における波力発電開発の歴史は,30年前にさかのぼるが,他の再生可能エネルギーを活用した発電方法に比べて発電効率が劣るため,バブル期に停滞した.昨今,地球環境問題への関心の高まりや東日本大震災での災害を契機とし,原子力を主体としたエネルギー政策の見直しが急務となり,再生可能エネルギーの研究開発が重要課題となってきている.このような状況を踏まえ,30年以上の研究実績がある振動水柱型発電装置(OWC発電装置)に着目し発案した従来比1.5倍以上の高効率が期待できるプロジェクティンウォール付ユニット型多重共振波力発電装置(PW-OWC発電装置)の開発について報告する.