ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第48巻 第1号 新製品・新技術特集CFDによる 三菱空気潤滑システム(MALS)搭載省エネ船の気泡流予測

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
CFDによる 三菱空気潤滑システム(MALS)搭載省エネ船の気泡流予測

Predictions of Bubbly Flow around Energy-Saving Ship with Mitsubishi Air Lubrication System Using CFD

川淵信・川北千春・溝上宗二・日笠靖司郎・小段洋一郎・髙野真一

Makoto Kawabuchi, Chiharu Kawakita, Shuji Mizokami, Seijiro Higasa, Yoichiro Kodan, Shinichi Takano
 “三菱空気潤滑システム(Mitsubishi Air Lubrication System,以下MALS)”は,空気潤滑法を用いたシステムとしては,世界で初めて新造船に適用され,大幅な抵抗低減効果が確認された.MALSを一般の商船に適用拡大していくため,CFDによる性能推定法の構築が急がれている.本論文では,MALS搭載船を対象に,船体表面における気泡分布予測を実施し,気泡の船体被覆率に基づく抵抗低減量予測手法を開発した.また,性能低下要因となるプロペラディスク面への気泡流入予測も実施し,プロペラ性能の低下が無視できるレベルであることを確認した.