ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第47巻 第2号 交通・物流特集ボイラ寿命評価システム(B-LECCS)の開発

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
ボイラ寿命評価システム(B-LECCS)の開発

Development of Boiler Life Estimation of Creep and Corrosion System “B-LECCS”

佐々木宏二・川上善道・上林正和・山田健治・佐藤繁博・大崎展弘

Kouji Sasaki, Yoshimichi Kawakami, Masakazu Kamibayashi, Kenji Yamada, Shigehiro Satou, Nobuhiro Osaki
 国内外で稼働中の自家発ボイラの多くは,既に運転時間が15万~35万Hrに達しており,長時間運用に伴うボイラの漏えい事故を未然に防止するため,余寿命診断がますます重要になってきている.しかしながら,コストと労力を要する点検時期を合理的に決定することは困難であった.そこで,このたび,過去30年以上の点検結果を統計的に解析して,ボイラの運用年数,燃焼形式,設計圧力,温度等の諸元をもとに,チューブのクリープや腐食減肉に対する余寿命を予測し,詳細点検時期の決定につなげられるシステムを構築したので,これを紹介する.