ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第44巻 第3号 船舶・海洋特集旋回時のプロペラシャフトフォースを考慮したプロペラ軸受の信頼性向上

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
旋回時のプロペラシャフトフォースを考慮したプロペラ軸受の信頼性向上

Reliability Improvement of Stern Tube Bearing Considering Propeller Shaft Forces during Ship Turning

黒岩良太・大 島  明・西岡忠相・立石智裕・大山賢二・石島隆至

Ryota Kuroiwa, Akira Oshima, Tadasuke Nishioka, Tomohiro Tateishi, Kenji Ohyama, Takashi Ishijima
近年のコンテナ輸送の増大と運航経済性の追求に伴い,コンテナ船は大型・大馬力化が進んでいる.これらの船舶は馬力,スラストの増加により,プロペラ重量とプロペラシャフトフォースが従来に比べ増大し,プロペラ軸受の片当たりや焼き付きが懸念されている.このため,プロペラ軸受設計の重要性が増してきている.当社では,プロペラ重量に加え,プロペラシャフトフォースを考慮した軸受設計を行うことで,軸受焼損によるトラブルのない船舶を提供している.