ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第43巻 第4号 原子力特集FBR 実用化に向けた取組み

三菱重工技報
  技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
FBR 実用化に向けた取組み

Mitsubishi Activities for Advanced Reactor Development - Sodium-cooled Fast Reactor -

伊藤隆哉・佐藤裕之・碓井志典・戸田幹雄

Takaya Ito, Hiroyuki Sato, Yukinori Usui, Mikio Toda
当社は,国家プロジェクトであるFBR 開発に初期段階から参画し,機電メーカの一員として取組んで きた.2050 年前の商業ベースでのFBR 導入を目指し,(独)日本原子力研究開発機構(以下JAEA と略 す)を中心とした体制で1999 年度から開始されたFBR サイクル実用化戦略調査研究(以下FS と略す) においては,主体的役割を果たしている.今般,主として開発すべき炉(主概念)としてナトリウム冷却 炉が国レベルで選定された.本ナトリウム冷却炉は当社提案に基づくもので,経済性向上のため,ループ 数の削減,上部流出入配管システムによる配管短縮化,中間熱交換器へのポンプ組込みなどの革新技術を 採用した斬新な概念である.今後,2025 年頃までの実証炉の実現(運転開始)に向け,実用化開発が国 レベルで加速推進されることになり,当社も提案者として果敢に挑戦していく.