ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第38巻 第3号 情報通信技術・計測技術特集ETCシステム用無線通信技術の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
ETCシステム用無線通信技術の開発

Development of Wireless Communication Technology for ETC System

森下慶一・前田孝士・泰井真之

Keiichi Morishita, Takashi Maeda, Masayuki Yasui
現在,自動料金収受(ETC)システム稼働に向け,全国の高速道路料金所で工事が施工されている.ETCでは課金情報を取扱うため,高信頼性の確保が最も重要である.特に,無線通信には誤り率10-6の信頼性が要求されている.無線通信では,回線の高品質化と共に通信プロトコルの強化が信頼性向上に極めて有効である.当社では,小型・低コスト化に適したマイクロ波ハイブリッドモジュール(MHM)を開発した.このMHMはETCシステムで必須となるチャネル切換回路を内蔵しており,世界トップクラスの最短切換時間100μsを達成した.これより,通信プロトコル強化に要する十分な時間が確保され,高信頼性実現が可能となる.

Electronic toll collection (ETC) is under construction at expressway tollgates in Japan. It is important that ETC be highly reliable because it deals with electronic money information. Reliability of a communication error rate 10-6 is required by wireless communication. Communication protocol redundancy is very effective in the achievement of high reliability with wireless communication and the high margin budget of the air link. A microwave hybrid module (MHM) suitable for downsizing and cost reduction was developed. This MHM uses a channel switching circuit indispensable to ETC and having the world's shortest switching time, 100μs. Highly reliable wireless communication is realized by enhancing the communication protocol because of sufficient time due to high-speed switching.