ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第38巻 第2号 原動機特集MH2000ヘリコプタ用MG5-100/110ターボシャフトエンジンの開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
MH2000ヘリコプタ用MG5-100/110ターボシャフトエンジンの開発

Development of MG5-100/110 Turbo-shaft Engine for MH2000 Commercial Helicopter

内田誠之・永島義弘・當山清彦・中西金千賀

Seishi Uchida, Yoshihiro Nagashima, Kiyohiko Tooyama, Kanechika Nakanishi
当社はこの度,民間ヘリコプタ用の小型ターボシャフトエンジンMG5-100/110の開発を行い,国内で初めて民間航空用エンジンの型式承認を国土交通省(旧運輸省)航空局より取得した.このエンジンは世界最高の圧力比11を実現した単段遠心圧縮機を用い,同じく単段の空冷高圧タービン,出力タービンと組合せた小型,軽量で高性能のエンジンであり,同時に開発した電子コントローラ(FADEC)と共に,当社で開発した民間ヘリコプタMH2000Aに搭載され実運用が開始されている.本報では国内初の民間航空エンジン型式承認の取得を機会に,本エンジンの開発経緯,技術内容,信頼性・安全性実証のための各種試験等について概要を報告する.

MHI has developed the small turbo-shaft engine MG5-100/110 for the MH2000 commercial helicopter and received type approval from the Civil Aviation Bureau of Japan's Ministry of Land, Infrastructure and Transport (JCAB). MG5-100/110 is a small, light-weight, high-performance engine with a single-stage centrifugal compressor of the world's highest pressure ratio, 11 to 1, and a single-stage cooled high-pressure turbine. MHI also developed full authority digital electronic control (FADEC). This engine is installed with FADEC on the MHI MH2000A commercial helicopter under operation from October 1999. This report gives the development history, engine description and testing for meeting requirements of air-worthiness, safety, and reliability.