ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第36巻 第2号 エレクトロニクス特集国内ETCシステム用 5.8 GHz無線通信機の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
国内ETCシステム用 5.8 GHz無線通信機の開発

Development of 58 GHz Band Wireless Communication for Japan ETC System

森下慶一・前田孝士・大野秀和・小西雅義

Keiichi Morishita, Takashi Maeda, Hidekazu Ohno, Masayoshi Konishi
有料道路の自動料金収受を目指したETC(Electronic Toll Collection)システムは,ITS(Intelligent Transport Systems)における早期実現可能なアプリケーションとして世界各国で盛んに研究開発が行われている.当社は料金機械分野のリーディングカンパニーとして国内への導入当初から開発に携わっており,ETCシステムに関しても他社に先駆けて研究に着手している.既にシンガポールにERP(Electronic Road Pricing)システムを,マレーシアにETCシステムを納入・稼働させており,車載器の納入実績では世界第3位の実績がある.現在,国内向けETCシステム無線機の試作評価が完了しており,海外での開発で培われた技術とノウハウをフルに応用展開し,要求仕様の通信エラー率10 -6を達成する見通しを得た.

R&D on Electronic Toll Collection (ETC) that enables drivers to be registered and billed for tollgater automatically has been conducted worldwide as an Intelligent Transport Systems (ITS) application. As a leader in this field. we have developed a toll machine first introduced into Japan, and began studying ETC in 1984 prior to other companies. We have provided Electronic Road Pricing (ERP), to Singapore and an ETC to Malaysia, and are ranked among the top three in-vehicle unit suppliers. Trial development and testing has been completed for Japan's ETC, and predict achievement of the required communication error rate specification of 10-6.