ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第36巻 第1号 原動機特集シンガポールにおけるマルチレーン電子式道路課金システム

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
シンガポールにおけるマルチレーン電子式道路課金システム

Multi-Lane Electronic Road Pricing System in Singapore

橋本英喜・大野秀和・小西雅義・森下慶一・杉本喜一

Hideki Hashimoto, Hidekazu Ohno, Masayoshi Konishi, Keiichi Morishita, Kiichi Sugimoto
都市内の交通渋滞緩和対策として,都市に流入する車両を規制する課金システムを採用あるいは導入検討している国や関連機関は多い.シンガポールでは無線通信によるマルチレーン対応のノンストップ道路課金システムの導入検討が実施されてきたが,当社は長年の研究成果により得た無線通信技術,画像処理技術等の要素技術とシステム化技術により,1995年に本システムを受注し,1997年の運用前実証試験を問題なくクリアした.その後,世界初のマルチレーン対応実用化システムとして,1998年9月より全面供用開始した.本システムは,現在の道路構造を変更することなく導入できる交通需要抑制対策として効果があるため,広範囲での導入が期待される.

A number of nations and organizations have adopted road pricing systems to alleviate urban traffic congestion by regulating vehicles flow into cities, or are considering doing so. The Singapore government is considering a Multilane Electronic Road Pricing System using RF communication. Mitsubishi Heavy Industries, ltd., has received an order for the system from the Singapore government in 1995, and succeeded in the system preoperation tests in 1997. This system uses key RF communication and image processing technologies. with system technology accumulated over years of research. This system, the world's first. went into operation in September 1998. In line with environmental protection, large-scale system use is expected to effectively restrict traffic demand without changing current road system structures.