ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第34巻 第6号 陸上交通・輸送システム特集ITS用路車間通信システムの開発状況

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
ITS用路車間通信システムの開発状況

Status of Road-Vehicle Communication System for ITS

浜名通夫・森下慶一・村越英之・前田孝士 

Michio Hamana, Keiichi Morishita, Hideyuki Murakoshi, Takashi Maeda
高度情報化社会の一環として,道路のインテリジェント化を目指したITS (Intelligent Transport Systems : 高度道路交通システム)の研究開発が世界各国で盛んに行われている.ITSは,複数のアプリケーションからなる大規模な構想である.アプリケーション間の協調を担う路車間通信はシステムの中核であり,標準化作業がISO (International Organization for Standardization : 国際標準化機構)やCEN (European Committee for Standardization : 欧州標準化機構)で進められている.この動きの中で,当社はITSアプリケーションの一つであるETC (Electronic Toll Collection : 自動料金収受)の分野でマレーシア,シンガポールにシステムを納入し,海外で実績を積んできた.また,所轄省庁が主体となる国内の共同研究や標準化作業にも積極的に参画している.

The research and development of ITS is now being performed all over the world. Theobjective of ITS is to create an intelligent transportation system, and plural applicationis to be provided. The road-vehicle communication is the most important technology forcombining each application into a whole system. The standardization of ITS is beingcarried out by ISO and CEN. We supplied our ETC ITS system, to Malaysia and Singapore,achieving exports to overseas markets. Also, we strenuously participated in the R&Dand standardization project organized by several Japanese ministries.