ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第34巻 第6号 陸上交通・輸送システム特集ノンストップ料金収受システムの開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
ノンストップ料金収受システムの開発

Development of Non-Stop Toll Collection System

村越英之・浜名通夫・宮本一正 

Hideyuki Murakoshi, Michio Hamana, Kazumasa Miyamoto
ノンストップ料金収受 (Electronic Toll Collection : ETC)システムは,料金所での渋滞緩和や人的経費の削減それに加えてキャッシュレス化による利用者サービスの向上のほか,排気ガス及び発進加速騒音の低減など環境の改善が期待されるため,有料道路への適用が特に海外において進められている.本報ではこのETCシステムに必要とされる要素技術及びシステム技術について述べ,マレーシア向け及びシンガポール向けシステムの運用実験結果について報告する.当社においては,1984年からこのシステムの研究開発に着手し,長年の研究成果により得た無線通信技術,画像処理技術等の要素技術とシステム化技術により前記の海外向けシステムを受注した.

The Non-stop Toll Collection System can ease traffic congestion, reduce cost ofmanpower and improve customer service by cash-less tolling. Also, it can bring aboutenvironmental improvements by reducing the exhaust gas and noise emitted as vehicles startor accelerate from toll plazas. Therefore, its application to toll roads has beenincreasing especially in foreign countries. This report covers the elemental technologyand system technology needed for the Non-stop Toll Collection System and the result ofsystem operation tests in Malaysia and Singapore. Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.started the development of this system in 1984, and has received orders for the systemfrom the countries mentioned above. The system employs elemental technology and systemtechnology using RF communication and image processing obtained by many years of research.