ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第33巻 第6号 エレクトロニクス特集道路課金システム用車両検知装置の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
道路課金システム用車両検知装置の開発

Development of Vehicle Presence Detector for Electronic Road Pricing System

飯田泰久・中山博之・上原秀雄・小西雅義 

Yasuhisa Iida, Hiroyuki Nakayama, Hideo Uehara, Masayoshi Konishi
シンガポールでは,平成10年に道路課金システムを導入する予定である.このため,一般道路を最高180 km/hの速度で自由走行する車両すべてを対象に,課金ポイントにおいて車両の進入の有無及び台数の検知を,99.9%を上回る精度で行う車両検知装置が必要となった.これに対し,我々は最小限のセンサで目標の性能を確保し,しかもメインテナンスフリーの車両検知装置を開発することを目標とした.この手段として路面に白黒の周期マークを描き,路面上方から一次元ラインセンサで路面を監視し,ビデオ信号により車両の有無を判定することにした.車両の有無の比較手段として正規化相関法と差分積分法の融合処理を検討した.また,本センサの出力信号から二次元時空間画像を生成し,これを解析する方法を検討した.本手法により,所期の目標を達成する装置を開発した.

Republic of Singapore plans to introduce a Road Pricing System in 1998. Therefore, asystem having a vehicle detection rate of more than 99.9% is needed to detect and to countthe passing all the vehicles running freely on ordinary roads at a maximum speed of180km/h. In order to develop a maintenance-free vehicle detection apparatus, we have setup a target of the performance, which has to be realized by using a few sensors aspossible. Here, we studied ways to monitor from above the road surface by linear imagesensors, with periodical marks of black/white drawn on the road, normalization correlationand a differential-integrating method were employed as a means to compare video signalswith reference image signals from such sensors' output signals, and generatetwo-dimensional image data to analyze spatio-temporal images. Thus, we have developed thesystem to realize our target.