ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第33巻 第3号 航空・宇宙特集民間ヘリコプタMH2000の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
民間ヘリコプタMH2000の開発

Development of Commercial Helicopter MH 2000

原田利男・戸田信雄・大槻 剛・滝本喜雄 

Toshio Harada, Nobuo Toda, Tsuyoshi Otsuki, Yoshio Takimoto
民間ヘリコプタは我が国の国情に合った輸送手段として有望で,将来の需要増加が期待できる.長年にわたる社内研究により,ヘリコプタ固有の要素技術の研究を進め独自技術を確立してきた.平成4年からRP1試作機を開発し,これら要素技術の集大成と低騒音,低振動,安全性にかかわる基礎技術及び特徴的技術の実証を行った.この成果を基に,平成7年4月からMH2000の開発を開始した.全長14 m,最大離陸重量4500 kg,標準仕様10人乗り,双発エンジン搭載の多用途ヘリコプタで,平成9年3月に運輸省航空局の型式証明取得を目指している.

Commercial helicopters are considered hopeful as transportation vehicles suitable foroperation in Japan, and their number is expected to increase in the future. During longinvestigations of basic helicopter technologies, we have established our own technologies.The RP1 prototype has been developed since 1992 in order to combine element technologiesand to demonstrate fundamental and distinctive technologies concerning noise, vibrationsand safety. Based on these results, the MH 2000 development was started in April 1995.This is a 14m long, 4500 kg, standard 10-seat, multi-purpose twin-engine helicopter. Typecertification by the Civil Aviation Bureau, Ministry of Transport, Japan, is planned to beobtained in March 1997.