ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第33巻 第3号 航空・宇宙特集次期支援戦闘機“XF-2”の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
次期支援戦闘機“XF-2”の開発

Development of Next Generation Support Fighter "XF-2"

神田國一・亀山忠史・小山敏行・川崎治憲 

Kuniichi Kanda, Tadashi Kameyama, Toshiyuki Koyama, Harunori Kawasaki
XF-2は,現在,航空自衛隊が保有している支援戦闘機(F-1)の後継機として,航空阻止,近接航空支援,海上航空支援及び防空作戦をより効果的に実施するとともに,対領空侵犯措置任務を実施する次期支援戦闘機である.このXF-2の開発は,米国の戦闘機F-16をベースに日米の優れた技術を結集し,日米共同で実施している.この我が国初の戦闘機の日米共同開発プログラムにおいて,当社は機体開発の主契約会社として,技術的活動等を取りまとめてきた.機体は平成7年10月の初飛行以降,社内での飛行試験により,その基本的特性が確認され,平成8年3月からの防衛庁による飛行試験等により,その性能,実用性等の総合的な確認が行われている.

The XF-2, which is the successor to the F-1 support fighter, is assigned for themissions of air interdiction, close air support, air support of maritime operations anddefensive air counter offense and also provides the territorial air space defense. TheXF-2 is jointly developed based on the U. S. F-16 fighter, applying superior Japanese andU. S. technologies. MHI is the prime contractor for this first co-development program of afighter in Japan. After the maiden flight in October, 1995, the XF-2 has been flown by MHIto confirm its basic characteristics. From March, 1996, the XF-2 has been flown by the JDA(Japan Defense Agency) in order to evaluate its overall performance.