ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集連続亜鉛めっき浴中フロータの開発

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
連続亜鉛めっき浴中フロータの開発

Development of Floater Used in Pot in CGL

平井悦郎・三原一正・進  修

Etsuro Hirai, Kazumasa Mihara, Osamu Shin
連続溶融亜鉛めっきライン(CGL)における亜鉛浴中のデフレクタロールに代え て,溶融亜鉛による流体クッションの原理を適用した浴中フロータを適用する技術 について川崎製鉄(株)と三菱重工業(株)とで共同検討を行った。亜鉛浴中にフ ロータを導入した場合の浴中ドロスの挙動を解明するために1/4スケールダウン 水モデルを用いて調べた結果,フロータの場合浴中のたい積ドロスが減少すること ,スナウト内の浮遊ドロスが減少することが分かった。次に,ほぼ実機大のフロー タ機により,溶融亜鉛浴中での走行テストを行い溶融亜鉛中での安定浮上走行を実 証することができた。 (著者抄録)

The floater technique, which has been developed to handle steel strip under non-contact conditions using fluid cushion, is applied to the sink deflector roll in the pot for molten zinc in continuous galvanizing lines. The floater is called "Zn-floater" and it aims at the following points. (1) No scratches on strips occur, because the strip is always supported on the floater surface under non-contact condition using flowing molten zinc. (2) The lifetime of the floater is so longer than the conventional sink roll that the replacement cycle decreases and the maintenance costs can be drastically reduced. In order to confirm the above points, the water scale-down model test for clarifing the inner dross (Fe-Zn alloy powder) behavior in the pot and the real scale floating test using molten zinc at our pilot test line have been performed. As a result, the validity of the Zn-floater technique is demonstrated.