ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集コンテナクレーンの地上運転システム

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
コンテナクレーンの地上運転システム

On Ground Operation System of Container Cranes

大久保欣昭・星名博光・村田五雄・国光 智・吉川博文

Yoshiaki Okubo, Hiromitsu Hoshina, Itsuo Murata, Satoshi Kunimitsu, Hirofumi Yoshikawa
女性運転員も出現するなどコンテナクレーンのオペレーションにも,自動化指向と ともに新しい流れが出来始めている。高いコンテナクレーンの上に搭乗する必要も なく,また振動や騒音も少ない快適空間化した運転室と,将来無人化にも匹敵する 程の合理化を実現する可能性のある新しいコンセプトを盛込んだコンテナクレーン 地上運転システムを開発した。本報では次のことを紹介する。(1)本システムの 前提となっているこれまでの自動化のすう勢。(2)遠隔操作運転の効果とその実 現手段。(3)実現手段としてのアニメーション付モニタ及び操作盤。(4)自動 化機能付操作運転システム。 (著者抄録)

A new trend, which uses female operators in the field of container crane operation, has appeared with the trend to the automation of container cranes. Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. (MHI) has developed a remote control & semiautomatic cranes operation system, operated from ground level which has comfortably spaced operation apparatus that has no need to climb up the crane, less vibrations, less noise, and has the capability of rationalization almost equal to an unmanned operation system. In this paper, the following items are introduced. (1) The trend to container crane automation up to the present on which this system is based. (2) Efficiency and means of realization of remote control operation. (3) Monitor system and operation apparatus with animated display function as means of realization. (4) Remote control operation system with automation functions