ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集10 000m級無人探査機“かいこう”ランチャーシステムの開発・建造

三菱重工技報
  一般 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
10 000m級無人探査機“かいこう”ランチャーシステムの開発・建造

Development and Construction of Launcher System of 10000m‐Class Remotely Operated Vehicle "KAIKO"

渡辺昶彦・野田博昭・高橋憲二・石黒慎二・広川 潔

Nobuhiko Watanabe, Hiroaki Noda, Kenji Takahashi, Shinji Ishiguro, Kiyoshi Hirokawa


平成7年3月24日"かいこう"はマリアナ海溝最深部への潜航に成功,1091 1mの最大潜航深度記録を樹立した。"かいこう"ランチャーはビークルの安定な プラットホームとしての役目と曳(えい)航調査装置としての役目の二つの役目を 持つ。"かいこう"ランチャーの開発・建造においてはこの二つの役目を果たすた め,ランチャー機体形状及び結合装置,2次ケーブルハンドリング装置,音響調査 装置(サイドスキャンソナー,サブボトムプロファイラ)等の主要装置について詳 細な検討が加えられた。海上試験では,ビークルの分離・結合試験,曳航調査試験 等が行われ,その優れた性能を検証した。 (著者抄録)

10000 m-Class Remotely Operated Vehicle "KAIKO" dived successfully in the deepest area of Mariana trench and made the deepest diving record of 10 911 m on March 24th 1995. "KAIKO launcher" has two major missions, one is as a stable platform for the vehicle and the other is as a towed research vehicle. During the development and construction of "KAIKO launcher", precise studies had been made of launcher's configulation and main equipment-docking equipment, secondary cable handling equipment and acoustic investigation equipment, etc., to achieve the two missions. In sea trials it was confirmed that the launcher's functions were quite well attained while the vehicle docking test and the towing test.