ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集運用特性を考慮した機械ショップスケジューリング技法CASS-Ⅲ

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
運用特性を考慮した機械ショップスケジューリング技法CASS-Ⅲ

Practical Scheduling Method for Machine Shops CASS‐III

今村眞明・片山幸子・辻 昭治・黒川勝三

Masaaki Imamura, Yukiko Katayama, Shouji Tsuji, Katsuzou Kurokawa
当社では,小物部品から超大物部品までの機械加工を行っており,それらの機械シ ョップの日程管理が重要な課題の一つとなっている。従来一般のスケジューリング 手法は,AIや数理計画法等技法中心に開発されてきていたが,機械ショップの多 岐にわたる制約条件を取扱うことができなかった。このたび,対象を機械ショップ に限定することにより,機械ショップの持つ一般的な特性を標準として取扱うこと ができ,かつ高速に現実的な規模の対象を処理することのできる機械ショップスケ ジューリングシステムCASS‐IIIを開発・実用化した。 (著者抄録)

Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Manufactures various kinds of machine parts using machine tools. The scheduling of the machine shop is a significant item. The status of the machine shop, which has usually many unexpectable factors, changes continuously. Under this situation, the optimality of the schedule is discussed and one practical scheduling methed, CASS-III, which can treat the actual scale of the machine shop, has been suggested. CASS-III can solve the scheduling problem which has various characteristics and conditions of machine shops. An example of practical use of CASS-III is introduced in the final section.