ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集超硬ホブ切りによる高速歯車加工

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
超硬ホブ切りによる高速歯車加工

High Speed Gear Cutting by Carbide Hobbing

鍋倉正和・鹿毛博文・中村容造

Masakazu Nabekura, Hirohumi Kage, Youzou Nakamura
歯車の高能率加工及び作業環境改善のために,超硬ホブ切りが再び注目を集めてい る。これまで超硬ホブ切りの普及を阻んでいた工具寿命の不安定さを次の新技術の 導入により解決した。(1)高速切削に対応でき,高剛性でかつ制振機能を有する 主軸構造及び,ギヤトレンの遊びを抑えたテーブル構造を持つ超硬ホブ盤の開発。 (2)ホブ材種の開発と切りくず形状の解析に基づく最適ホブの設計及び,逆巻き コンベンショナル加工法の採用。(3)工具の熱亀裂の発生が少ないドライカット の採用。これら新技術を採用した三菱NC超硬ホブ盤GS20CNCを開発し,従 来のハイスホブ切りの2倍の高能率加工が可能となった。 (著者抄録)

There is renewed interest in carbide hobbing due to its high productivity and pollution-free gear cutting method. In this paper, the authors introduce a 2nd generation carbide gear hobbing process. The features are as follows : (1) A carbide hobbing machine, which has main spindle with viscous damping and backlash-free table drive to prevent chipping of hob and extend tool service life, was developed. (2) Refined carbide material, suitable cutter design and reverse hand hobbing also extend tool service life. (3) Dry cutting suppresses the thermal cracking of the carbide hob and offers higher cutting speed and a clean workshop. Because of the adoption of these technologies, Mitsubishi NC Carbide Hobbing Machine GS 20 CNC has twice the productivity of the conventional H.S.S. hobbing machine.