ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集光造形加工技術の応用

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
光造形加工技術の応用

Application of Laser Stereolithography

古河洋文・入江辰之輔・疋田清行・佐野弘明・新田浩久

Hirofumi Furukawa, Sinnosuke Irie, Kiyoyuki Hikita, Hiroaki Sano, Hirohisa Nitta
光造形加工技術は,迅速造形の主流として,CAD化の進展とともに,製造業にお ける各分野に利用拡大が図られている。当社では,いち早くその加工技術に着目し ,各種の砂型鋳造用模型及び精密鋳造用消失模型製作への適用を試みてきた。鋳造 用の模型製作は,以前から高度熟練技能に依存してきたが,本装置の導入後は,そ の適用により昼夜無人化自動運転で迅速に模型製作が可能となり,コスト低減,工 期短縮と併せ脱技能化を達成することができた。また光造形加工技術を多方面に有 効活用することにより,各種モデル,機能部品及び構造部品の製作に適用すること ができた。 (著者抄録)

Laser lithography, as the main trend in rapid prototyping and manufacturing, is applied in various fields of industry with progress in CAD. Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Adopted the technique several years ago. We tried to apply laser lithography to pattern making for sand castings and precision castings. In general, pattern making used to depend on the worker's high levels of skill; to overcome this, we developed a new trchnique using laser lithogtaphy. This technique could greatly reduce the manufacturing time and cost of pattern making. Besides, anyone could easily make a pattern. Also, we applied this technique widely, consequently we could make all sorts of models, functional parts and structural parts using it.