ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集FRPのレーザによる高速,高品質切断技術の開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
FRPのレーザによる高速,高品質切断技術の開発

Development of High Speed and High Quality Laser Cutting Process in Fiber Reinforced Plastics

石出 孝・白田春雄・松本 長・磯部松久

Takashi Ishide, Haruo Shirata, Osa Matsumoto, Matsuhisa Isobe
KFRP(Kevlar Fiber Reinforced Plastics )のトリミングは従来人手による粉じん雰囲気でのカッタ切断に頼っている。この 省人化のためレーザによる切断を検討し,CO2レーザ,YAGレーザ,Exci merレーザとKFRPの相互作用を調べた。その結果,CO2レーザとExci merレーザを併用した新しいトリム方法を提案した。この方法は先行する集光C O2レーザビームで高速の切断を行いつつ,後行のExcimerレーザで切断面 に生じた炭化層を除去する方法である。また本方法に用いる光学系,加工系を製作 し,板厚1mmのKFRP材に対し16.7mm/sの高速,高品質切断を実現し た。 (著者抄録)

The ordinary method of KFRP (Kevlar Fiber Reinforced Plastics) trimming in which a cutter was used by a worker needed much time and labor. The working environment was not good due to cutting dust. So we tried to use laser processing in trimming instead of a hand cutter. First we investigated the interaction between three kinds of lasers (CO2, YAG, and Excimer lasers) and KFRP. Finally we have proposed a new cutting method using CO2 and Excimer lasers. We have manufactured the optical system and cutting head and carried out high-speed and high-quality cutting.