ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集カーエアコン用オールアルミ製積層型熱交換器の製造技術

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:Pdf
カーエアコン用オールアルミ製積層型熱交換器の製造技術

Mass Production Process for All Aluminum Drawn Cup Type Evaporators

酒井茂男・五百川 博・林 昌照

Shigeo Sakai, Hiroshi Iokawa, Masateru Hayashi
カーエアコン用蒸発器はオールアルミニウム製の積層型が主流となっている。これ は,アルミニウムの軽量性,優れた熱伝導性及び加工性を利用して,コンパクト化 が可能であるからである。当社においても,3年前から積層型蒸発器を量産してお り,業界トップのコンパクト化を達成している。この熱交換器構造は,高密度化及 び部材の薄肉化を追求したものであり,高精度の製造技術により量産されている。 当社では,高品質の熱交換器の量産を支える製造技術として,有機溶剤の全廃を可 能とした水系洗浄法及び高密度部材を一体ろう付するための真空ろう付法を確立し ,実用化している。 (著者抄録)

Evaporators, heat exchangers for automobile air conditioners, are exclusively of the drawn cup type made from aluminum alloys because of their low density and their heat transfer characteristics. The drawn cup type evaporator developed by Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. Is very compact and light weight. There is a strong demand for overall reliability and the performance of evaporators to provide a new fabrication process. Therefore an improved vacuum brazing process and new aluminum alloy surface cleaning process have been established. The vacuum brazing process provides the brazing performance required in mass production. And the new cleaning process consisting of alkaline solvent dip, water rinse and drying eliminates the air and water pollution problems associated with the use of organic solvents.