ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集鉄骨柱の現地横向き溶接ロボットの開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
鉄骨柱の現地横向き溶接ロボットの開発

Development of Horizontal Welding Robot for Construction Site

吉田康之・広本悦己・村本廣毅・上村 修

Yasuyuki Yoshida, Yoshinori Hiromoto, Hiroki Muramoto, Osamu Kamimura
鉄骨構造の建物の柱の現場接合には溶接が用いられるが,高い品質と高度な技量が 要求され,かつ労働負荷も高く,典型的な3K作業で若年作業者が不足している。 本研究では,鉄骨現場における溶接作業の環境改善と生産性向上を目的に,箱形断 面柱を対象にコーナ部を含めた四周連続溶接や円形鋼管柱の溶接ができる鉄骨柱用 現場横向き溶接ロボットを他社に先駆けて開発し,実工事に適用した。開発したロ ボットは,熟練作業者を必要としない小型軽量(重量20kg)で,1人で多数台 使用できる。 (著者抄録)

This report describes of a welding robot that was developed for column to column welding on construction sites. As a consequence of difficult conditions of welding in hazardous surroundings, the shortage and ageing of welders are predicted. This problem will become more serious in several years. The authors developed a robot that is aimed at the solution of this problem and improving the quality and efficiency of welding.