ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第6号 生産技術特集無監視化TIG溶接の大型構造物への適用

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
無監視化TIG溶接の大型構造物への適用

Application of Intelligent Control System of GTAW to Nuclear Heavy Components

名倉保身・藤田 憲・藤谷泰之・高岸正治

Yasumi Nagura, Ken Fujita, Yasuyuki Fujiya, Masaharu Takagishi
最近の生産現場では熟練溶接士が不足してきており,溶接技術及び生産性の低下が 危ぐされている。この対策の一つとして,経験の浅い溶接士が操作できる自動溶接 の開発が考えられ,筆者らは,熟練溶接士による溶接状況の監視と電極位置等の調 整操作を省くことのできる無監視化溶接システムの開発を進めている。本報では, CCDカメラによる溶接状況,レーザ反射光によるビード形状及び溶接音による溶 接異常の監視・制御機能を備えた無監視化TIG溶接システムを試作し,原子力プ ラント大型厚肉機器の溶接に適用した結果について述べる。 (著者抄録)

The recent shortage of skilled welders is a serious problem. To solve this problem, it is necessary to raise the level of automation of welding. For the purpose of taking over the roles of skilled welders, the authors have been investigating an intelligent control system of GTAW (Gas Tungsten Arc Welding). In this system the state of welding is detected using a CCD camera, laser slit light and a microphone. This system has been applied to the heavy components of nuclear power plants.