ページの先頭です。 ページの本文へ サブメニューへ メインメニューへ フッタへ

HOME技術情報三菱重工技報 第32巻 第4号 陸上交通・輸送システム特集高速道路の交通管理システムにおけるニーズと技術開発

三菱重工技報
  特集 技術論文
  和文:Pdf
英文:掲載なし
高速道路の交通管理システムにおけるニーズと技術開発

Need and Technology Development for Traffic Management System of Expressway

浜名通夫・中谷尚郁・立花新一・藤田一郎・福田和実

Michio Hamana, Takafumi Nakatani, Shinichi Tachibana, Ichiro Fujita, Kazumi Fukuda
最近,次世代道路交通システムに対する関心が高まっている。国内外の官民プロジ ェクトとしてARTS,VICS,ITS等が道路,交通,車両のインテリジェン ト化を推進中であり,高速道路においても,料金収受,交通管制,通信を中心にし た交通管理システムの高度化が進行している。本報ではこれらの開発動向及びニー ズと当社で取組んでいる中から,幾つかの技術開発について述べる。交通量計測セ ンサシステムは複数車線を自由走行する車両を検知するもので,フィールドテスト において平均99%以上の検出精度を確認した。料金自動収受機は人間工学的操作 解析により高操作性を実現した。 (著者抄録)

With a view to enhancing the harmonious co-existence of human beings, society and the environment, research and development into automated and more sophisticated traffic systems including roads, traffic management and vehicles has come to draw a wide attention. The research and development is primarily for toll collection, traffic control and data communication systems to realize the smooth and effective operation of highways. These are typically known as the development of ARTS, VICS, ITS, etc. and ISO standerdization. In this paper, we present our development of techology for traffic management systems bearing these current trends and needs in mind. As actual instances, we report on an Automatic Toll Collection System which has achieved excellent operability and a Traffic Volume Sensing System which realized a highly accurate detection of vehicles with various traffic flows.